委任事務でやって貰えること:行政官庁等への諸届事務

自分が死ぬときに必ずしも死んだあとのこともしてくれる家族が、必ずしもいるとは限らない時代に現在はなってきています。
特に、近年は孤独死というのも多くなっていて、老後に一人になって死んだあとのこともきちんと考えておかなければなりません。

そんな将来のために、死後事務委任契約というのがあります。
これは、通常委任契約は本人が亡くなると契約が終わりますが、死後事務委任契約では当事者間の合意で死亡後も委任契約に効力を持たせて、色々な事務手続きを行ってもらえます。

事務手続きは、医療費の支払い、家賃や地代、管理費などの支払いと敷金、保証金などの支払い、老人ホームなどの施設利用料の支払いと入居一時金などの受領、通夜と告別式、火葬に納骨、埋葬、菩提寺の選定と墓石建立、永代供養、相続財産管理人の専任申立手続き、賃借建物明渡し、行政官庁等への諸届け事務(死亡届、年金、介護保険、銀行等)、事務に関する費用の支払いなどを行ってくれます。

実際に知人や行政書士と死後事務委任契約を結ぶことはなく、このような事務手続きを死んだあとに誰かが代わりにやってくれると認識しておきましょう。
出来れば、生前のうちに死後もしっかりと後を頼める人を見つけておくと安心です。